そばかすを薄くするにはどんな化粧品がいいの?

そばかす対策には、

  1. そばかすの原因の一つであるメラニンの抑制と排出をすること
  2. 体の内側からビタミンをしっかり補給する
  3. お肌に優しい美白化粧品を使用する

必要があると言われています。

ですから、この条件をカバーした化粧品を選びたいものです。

 

そこで、具体的に、そばかす対策には、どの程度の配合成分の化粧品が求められるのでしょうか。

そばかすを薄くする化粧品選びのチェックポイント

メラニンを抑制し排出する、厳選された成分が配合されている
保湿力・浸透力・持続力の効果が期待できる
ビタミンC以上の美白効果成分が配合されている
肌に優しい植物由来成分である
無添加で低刺激性のクリームタイプのもの

 

そして、これらの成分が配合されている、そばかす対策の化粧品は、なかなか探してもありません。

 

 

ですが、ひとつだけあります!フレキュレルという薬用クリームです。

 

種類3

 

このフレキュレルは、ソバカス対策専用に開発された「医薬部外品」なので安心できます

 

化粧水、乳液がいらないオールインワンクリームで、現在、アットコスメやスキンケア大学でも話題上昇中なんです。

 

そばかすを薄くしたい方へおすすめのフレキュレル

そばかすを薄くしたい方は、メラニンを抑制し排出する成分配合の化粧品選びを!

 

フレキュレルは、メラニンの過剰生成を抑制する主剤のトラネキサム酸をはじめ、バイオベネフィット(メラニンの生成を促進する物質を阻止する)、アルピニアアカマツダイ種子エキス(メラニン合成のプロセスにブレーキをかける)、タイムエキス(メラニンの細胞内移動を阻害)、シュガースクワラン(メラニンを排出)といった厳選された5種類のメラニンを抑制と排出を促す成分が贅沢に配合されています。だから、紫外線や、皮膚刺激によるメラニン過剰生成のプロセスそのものを止める働きのある徹底したソバカスケアを行えます。

そばかすを減らす美容液は、美白効果だけでなく保湿力も大切

フレキュレルは、保湿成分が贅沢に配合されているので潤いもup!

そばかすを減らす美容液「フレキュレル」は、保湿力、浸透力、持続力の3つの効果があるため、1日中お肌もしっとり柔らかつるつるになると評判です。フレキュレルが、モニターの方々から「保湿力が凄い!」と評価される理由が、5種類の保湿成分に秘密が隠されています。シュガースクワラン、セラミド-3、セラミド-6、セラミド-2、キウイエキスの5種類の保湿成分は、保湿力、浸透力、持続力という3つの点において非常に効果が高いと言われる保湿成分です。美白とともに一番大事な保湿に着目しているからこそ、5種類もの保湿成分が贅沢に配合されています。

 

ビタミンCの270倍の美白力

フレキュレルには、オリジナルナノ化原料として、油溶性甘草エキスを配合しています。油溶性甘草エキスは、ビタミンCの270倍の美白力があると言われており、メラニン色素の生成量を減少させます。その油溶性甘草エキスをナノ化、リポゾーム化して角質層まで浸透させます。

そばかすを消すクリームは、乾燥肌・敏感肌でも安心して使えるの?

そばかすは、色白で敏感肌の人がなりやすいので、フレキュレルは、敏感肌タイプの人に十分対応できるように開発されました。だから、敏感肌で色々な美白化粧品を試してみてダメだった人にこそ試して欲しい商品です。もちろん、普通肌の人やその他の肌質の人にも十分、優しいクリームになっています。

 

32種類の植物由来成分で肌への優しさを追求
ウメ果実エキス、アーティチョークエキスなど、肌に優しく働きかける植物エキスが、全32種類も配合されています。乾燥肌、敏感肌でも使える美白化粧品を試してもらえるように、植物由来の成分にこだわっています。配合されている和成分ウメ果実エキス、ユキノシタエキスが糖化によるそばかすを改善してくれます。

 

 

敏感肌の方にも安心の刺激ゼロの6つの無添加
フレキュレルは、香料・着色料・タール系着色料・紫外線吸収剤・パラベン・鉱物油といった添加物を全く配合していません。乾燥肌、敏感肌の方でも使い続けられるようアレルギーテスト済で、低刺激処方にこだわっています。肌ケアは毎日するものであり、刺激が強いと使い続けることができないので、徹底的に無添加にこだわり、低刺激なクリームになっている点が安心できます。

 

 

低刺激性の薬用クリームタイプ
クリームタイプは、伸びが良く浸透力が高く、成分の含有量を高くすることができるので、肌にぐんぐん浸透していき、効果を持続することが可能です。夜寝る前にしっかりを塗布する事で、有効成分が優しくお肌に浸透。さらに優しい使用感であることが特徴。長時間保湿でしっとりもちもち肌をキープすることができます。

そばかすを減らす化粧品は、シミ対策化粧品とは別のもので

今まで、そばかすケアされてきた人は、美白化粧品やシミ・ソバカス対策用かシミ対策の化粧品を使っていた方が多いと思います。シミ対策とそばかす対策は別に考えないと、効果が期待できないんですね。

 

シミは、ニキビ跡など炎症により引き起こされたり、紫外線によるダメージの蓄積や加齢による、後天的なものが主な原因です、老化現象の一つである、老人性色素斑やニキビ跡など、皮膚の炎症が原因でできる炎症後色素沈着、ホルモンバランスの乱れによって発生する肝斑(かんぱん)などがしみにあたります。

 

これに対し、そばかすはシミと違い、多くは遺伝性のものです。そばかすは通称で正式名称は、雀卵斑といいます、斑点の大きさは通常のシミより小さく、鼻の周りや頬に出やすいのが特徴、顔以外の部位にも出現します、また、紫外線を浴びることで濃くなる性質があり(後天的なもの)、しみとは反対に加齢とともに薄くなることもあります。

 

ですから、原因が違うものに大雑把な対策をしていては、効果が出なかったというのは当たり前ですよね。

 

ということで、ソバカスを減らすには、そばかす専用のスキンケア化粧品を選ぶ必要があります。